イラスト制作ソフト

デジタルイラスト制作は
ソフト選びも重要なんです

最近、パソコンを使ったデジタルのイラスト制作が注目を集めています。
その背景にあるのが、高精度のデジタルイラスト制作ソフトの普及により、だれでも簡単にプロレベルのイラスト制作が可能になったからです。
そこでこのサイトでは、そんなイラスト制作に適したソフトを紹介していきたいと思います。

MENU

FAVORITE

Photoshopでイラスト制作

デジタルでイラスト制作を行う場合、最も標準的な存在と言えるのが、Adobe Photoshopです。
Photoshopを使ってイラストを制作するイラストレーターが多いのはもちろんのこと、ほかのソフトウェアで制作した絵の調整や加工、さらにはデータをクライアントに渡す前の最終チェックに使うケースも多く、イラスト制作の現場には欠かせない存在と言えます。

そもそもPhotoshopは、写真の色味の調整や加工、合成といった、いわゆるレタッチ用として開発されたソフトウェアです。
そのレタッチ用ツールがイラスト制作にも使われるようになったのは、バージョナップを重ねていく中で、描画用のブラシの種類が増え、さらにはそのブラシを自分好みのタッチにカスタマイズできるようになってからのことです。
「やり直しがきく」「色を塗る順序や作業手順に制限がない」「準備や片付けの必要がなく絵具を乾燥させる時間がかからない」などの理由で、それまでもイラストをデジタルで制作するメリットを感じる人は多かったです。
しかし、メリットが多くても、プロが使うに足る表現力がなければ意味はありません。
Photoshopがイラストを制作するのに十分なブラシ機能を搭載したことに加え、Photoshopを動かすためのハードウェア、PC環境の進化で、今では多くのイラストレーターがPhotoshopを利用するようになりました。

デジタルでイラストを制作するツールとしてのPhotoshopの魅力は、何もブラシだけにとどまりません。
写真のレタッチのために用意されている様々な機能は、イラスト 制作にも有効です。 その最も代表的なものが「レイヤー」機能です。 レイヤーとはアニメーションにおけるセルのようなもので、1枚の絵を複数の層に分けるための機能です。
あるレイヤーに描いた内容は、ほかのレイヤーには影響を及ぼさないため、例えば「下書き」と「色塗り」をそれぞれ異なるレイヤーに分けることができます。
下絵を残したままの状態で作業を進められるため、やり直しや調整がしやすくなります。
また、絵のパーツごとに細かくレイヤー分けをしておけば、後からでも構図の変更やパーツ自体の追加や削除も容易にできるようになります。
さらにレイヤーの合成に関する諸機能を利用すれば、複数の絵を重ねて独特の風合いを出したり、制作したイラストにテクスチャーを貼りつけ、アナログ風に仕上げることが可能となります。

Photoshopを使うことで、アナログ作業では大変な手間がかかったり、難しかったりする表現を短時間で実現できるようになります。
特にレイヤーを使うことで、表現の可能性が大きく広がるだけではなく、イラストの描き方も変わることが理解できると思います。
もちろん、レイヤー以外にも、色味の変更やマスク機能による色の塗り分けが簡単にできたり、さらにはイラストに対して様々な効果を加える「フィルタ」機能を利用できたりと、Photoshopを使うメリットは大きいです。

なお、最新バージョンのPhotoshopでは、3Dオブジェクトを直接扱えるようになるなど、さらに用途は広がりました。
イラスト 制作の標準ツールとしての性格がますます強まったと言えると思います。